エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 暮らしの情報 > 子育て > 手当と助成 > 特別児童扶養手当(国の制度)


ここから本文です。

特別児童扶養手当(国の制度)

ページ番号 1000454 更新日  平成29年4月21日

対象となる方

20歳未満で次のような障害の程度にある児童を扶養している方で、前年の所得(1月分から7月分の手当は、前々年所得)が所得限度額未満の方。

  1. 知的障害(愛の手帳1度・2度・3度程度)のある児童
  2. 身体に重度または中度の障害(身体障害者手帳1級・2級・3級程度)のある児童
  3. 長期間安静を要する病状または精神の障害により日常生活に著しい制限を受ける児童

ただし、次のような場合には、手当を受けることができませんので注意してください。

  1. 手当を受けようとする人または児童が日本に住んでいないとき
  2. 児童が児童福祉施設(母子生活支援施設、保育所、通園施設を除く)に入所しているとき
  3. 児童が障害を支給事由とする公的年金を受けることができるとき

手当額(月額)(平成29年4月1日改定)

  • 重度の障害児(1級):51,450円
  • 中度の障害児(2級):34,270円

支給方法

手当が認定されると、請求日の属する月の翌月分から支給されます。

支払い月は、年3回、4月(12月~3月分)・8月(4月~7月分)・11月(8月~11月分)に4カ月分がお届けの金融機関に振り込まれます。

申請に必要なもの

受給理由により異なりますので、事前にお問い合わせください。

このページに関するお問い合わせ

子ども家庭部 児童青少年課 助成支援係
〒203-8555 東京都東久留米市本町3-3-1
電話:042-470-7736 ファクス:042-470-7807
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

このページのトップへ戻る