エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 暮らしの情報 > 子育て > 子ども家庭支援センター > 子ども家庭支援センターとは


ここから本文です。

子ども家庭支援センターとは

ページ番号 1000478 更新日  平成28年7月5日

子ども家庭支援センターの活動概要

子ども家庭支援センターは、子どもと家庭に関する総合的な支援を目指して設置され、育児の不安や家庭での子育て相談のほか、児童虐待や子ども自身の悩みにも応え、地域の子育て支援活動の推進も図っていきます。

「困ったな」と思ったら、ひとりで頑張らず、気楽に相談したり、遊びに来てください。お待ちしています。

子育て総合相談

  • 0歳から18歳未満の子どもと家庭のことで気になること、心配なことなど、何でも気軽にご相談ください。
  • 子育てについてのサービスの紹介、情報の提供をします。
  • 18歳未満のお子さん本人からのご相談にも応じます。
  • 関係機関と協力・連携して、子どもの虐待防止に努め対応していきます。
  • 虐待が心配される場合の連絡、相談もお受けしてます。

交流スペース

  • 親子で自由に遊んで、保護者同士がおしゃべりも楽しめるスペースです。
  • ここに来れば 子どもを通して子育て仲間に出会えます。子育ての悩みや心配なことを話したり聞き合ったりしています。
  • 主に0歳から3歳位までのお子さん向けのおもちゃを用意しました。
  • 年齢制限はありませんが、小さいお子さんに気を付けて遊んでください。
  • ベビーベッド、授乳コーナー、畳のコーナーなど赤ちゃんのスペースもあります。 授乳やおむつ替えなどができます。

くつろぎスペース

  • 親子で、子育て仲間と一緒に、おやつやお弁当を食べるスペースもあります。
  • お茶を飲みながら、おしゃべりも楽しめます。
  • 電子レンジやポットにお湯もあります。ご自由にお使いください。

地域活動室

  • 子育てグループや、子育てグループを作ろうとされている方、地域で子育てボランティアをされている方々などの集まりに利用できます。
  • ご利用の際には、子ども家庭支援センターの窓口でご利用希望日の貸し出し状況を確認の上「地域活動室使用申請書」に記入してお申し込み頂いた後、「地域活動室使用承認書」をお渡しします。ご利用当日、窓口に「承認書」を提示してからご利用となります。なお、申し込み受付は、ご利用希望日の前月の月初めからとさせていただきます。

子どもショートステイ

  • 保護者の方が出産・病気・介護などで、一時的にお子さんの養育にお困りのときに、宿泊・日帰りでご利用できます。詳しくは下記のリンク先をご覧ください。

事業案内

「わくわく赤ちゃん広場」ママ友を作りましょう!

「ねんねの会」主に6カ月未満児とその保護者(毎月第1水曜日)
「はいはいの会」主に1歳未満児とその保護者(毎月第4水曜日)

  • 時間:午前10時~11時30分
  • 会場:子ども家庭支援センター・地域活動室
  • 内容:自己紹介・フリーでおしゃべりタイム・地域の情報交換・育児相談・体重測定
  • 保育:上のお子さんの保育あり。先着3人。要予約

いずれの会も助産師さんがきます。

「手作り布おもちゃの会」

ママ、オリジナルのフェルトのおもちゃを作りませんか。
材料は、1セット(フェルト・刺しゅう糸)無料で用意しています。
おしゃべりしながら、赤ちゃんをそばに寝かせながら、作っています。

  • 日時:毎月第1・第3火曜日 午前10時~正午
  • 会場:子ども家庭支援センター・地域活動室
  • 対象:乳幼児とその親子
  • 定員:先着20人(要予約)
  • 持ち物:裁縫箱(刺しゅう針、はさみ)
  • 保育:なし

指導は「ののはな文庫」の皆さんです。

「なかよし広場」

小学校の教室等をお借りして乳幼児向けの広場をしています。
スタッフがお子さんと一緒に遊びます。相談員が育児相談を受けます。
直接会場にお越しください。(8月は夏休みです。行事等で日程の変更があります。)

「十小なかよし広場」

  • 日時:毎月第3金曜日 午前10時~11時30分
  • 会場:第十小学校 1階 ランチルーム(和室)

ボランティア募集

交流スペースのおもちゃ拭きのボランティア

月曜日から土曜日の午前9時から10時、交流スペースのおもちゃやテーブルふきなど。
都合の良い曜日や、参加回数などご相談の上、ご参加ください。

交流スペースのおもちゃ作りのボランティア

交流スペースや出前広場で使う、布のおもちゃ(ままごとのエプロン、手提げ、抱き人形、おぶい紐、人形の布団など)を作ります。材料は同センターで用意します。

子育て講座・講演会の保育ボランティア

保育士さんのお手伝いをお願いします。
対象児は、主に子ども家庭支援センターをご利用の0歳児から2歳児です。赤ちゃんや小さなお子さんと遊んでくださる方、できれば、子育て経験者(幼稚園・小中学校のお子さんを持つお母さん)で、午前中の2時間から3時間お手伝いして頂ける方を探しています。
登録(住所・氏名・電話番号など)していただき、必要な時にご連絡させて頂きます。
すでに計画している事業は、都合の良い日や曜日などご相談の上、お願いします。

地域の子育て支援、サークル、サロンの立ち上げ支援

地域での子育て支援の場作りを応援しています。
はじめは数人から、月に1回から、ママ友達が集まる会をしませんか。
会場探し、参加者の募集、地域で支えてくれる方など、ご相談にのります。
赤ちゃんを連れておしゃべりのできる所、身近に行かれる場所を作りませんか。
お手伝いします。

子ども家庭支援センター利用案内

開所日:月曜日~土曜日 (祝日・年末年始を除く)

開所時間:午前8時30分~午後5時15分

  • 総合相談(午前9時~午後5時)
  • 交流スペース(午前10時~午後4時30分)
  • くつろぎスペース(午前10時~午後4時30分)
  • 地域活動室(午前9時~午後4時30分)
  • 子どもショートステイ申込受付(午前9時~午後5時)

電話:042-471-0910

ファクス:042-471-0909

子ども家庭支援センター案内図

わくわく健康プラザ、南棟、2階案内図

交流スペース・くつろぎスペース利用案内

ミルクを飲んでウトウトひと眠り、疲れたらちょっとひと休み!

受付

お越しの際は必ずスタッフに声をかけてください。はじめての方にはセンター内の説明をいたします。ご利用の際は毎回、利用者カードに記入して名札をつけてください。手作りの名札もいいですね。

お荷物

お荷物はロッカーをご利用ください。貴重品は特に各自の責任で管理してください。1階には鍵付きロッカーがあります。

お食事・飲み物

飲食はくつろぎスペースでお願いします。お弁当、おやつ、飲み物は各自でご用意ください。
ミルクやお茶のお湯はポットに、お弁当の温めは電子レンジをいつでもご利用ください。

おもちゃ

センターの絵本やおもちゃはご自由にお使いください。主に0歳から3歳位のお子さん向けのおもちゃを用意しました。 使用後は各自で片付けてください。
おもちゃの持ち込みはご遠慮ください。また、絵本の貸し出しはしていません。

ごみ・おむつ

ゴミや紙オムツ等はすべてお持ち帰りでお願いします。
袋などのご用意をお願いします。

マナーを守ってみんなで気持ちよく過ごせるようにご協力お願いします。

子ども家庭支援センター案内地図

子ども家庭支援センター案内地図

〒203-0033 東久留米市滝山4-3-14 (わくわく健康プラザ南棟2階)
電話:042-471-0910  ファクス:042-471-0909

交通(西武バス)

東久留米駅西口から

滝山営業所行き、久留米西団地行き 「団地センター」 下車 徒歩7分
久留米西団地、錦城高校 経由 武蔵小金井駅行き 「滝山団地中央」 下車 徒歩6分

清瀬駅南口から

花小金井駅行き 「団地センター」 下車 徒歩7分

駐車・駐輪場

わくわく健康プラザの北側に駐車場・駐輪場があります。

このページに関するお問い合わせ

子ども家庭部 児童青少年課 子ども家庭支援センター
〒203-8555 東京都東久留米市本町3-3-1
電話:042-471-0910 ファクス:042-471-0909
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

このページのトップへ戻る