エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 暮らしの情報 > 健康 > 保健情報 > 中東呼吸器症候群(MERS)について


ここから本文です。

中東呼吸器症候群(MERS)について

ページ番号 1004799 更新日  平成27年6月9日

韓国で発生が継続しています。

中東呼吸器症候群(MERS)とは

2012年に初めて確認されたウイルス性の感染症です。原因となるウイルスはMERSコロナウイルスと呼ばれています。
主な症状は、発熱、せき、息切れなどです。MERSに感染しても症状が現れない人や、軽症の人もいますが、特に高齢の方や基礎疾患のある人で重症化する傾向があります。
感染経路はまだ正確には分かっていませんが、ヒトコブラクダがMERSウイルスの感染源動物の一つであるとされています。その一方で、家族間や濃厚接触者間での感染も報告されています。
現在、MERSに対するワクチンや特異的な治療薬はありません。
 

参考リンク

最新の情報やより詳しい情報は、下記リンク先を参考にしてください。

このページに関するお問い合わせ

福祉保健部 健康課 予防係
〒203-0033 東京都東久留米市滝山4-3-14
電話:042-477-0030 ファクス:042-477-0033
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

このページのトップへ戻る