エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 暮らしの情報 > 健康 > 保健情報 > デング熱について


ここから本文です。

デング熱について

ページ番号 1000396 更新日  平成27年5月25日

 2014年8月より、都立代々木公園等を訪れた方から、海外渡航歴がないデング熱患者が発生しています。
 デング熱は、ヒトからヒトではなく、患者から血を吸った蚊が媒介して、他の人に感染が拡がる疾患であり、今後、都内で感染が拡大する可能性は低いと考えられます。また、感染した場合も、重症化することはまれで、一般に一週間前後で回復すると言われていますので、過度な心配は必要ありません。
 デングウイルスを媒介するヒトスジシマカ(媒介蚊)の活動は、5月中旬から10月下旬と言われています。戸外に出るときは、以下の点にご注意いただき、蚊に刺されないような工夫を心掛けてください。

■ 長袖、長ズボンを着用し、肌の露出をできるだけ避ける。
■ 虫刺され防止薬を適切に使用する。

 なお、蚊に刺されてから3から7日程度で高熱のほか、頭痛、目の痛み、関節等の症状が見られれば、デング熱の可能性もあるため、早めにかかりつけの医療機関などを受診してください。

連絡先

 デング熱に関することや蚊の駆除等に関することは、東京都多摩小平保健所保健対策課感染症対策係にご相談ください。
 なお、専用相談電話は、10月17日(金曜日)をもって終了しました。

 電話:042-450-3111

デング熱に関する情報

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページで無償配布されていますので、こちらから(Adobe社のホームページを新しいウィンドウで開きます)ダウンロードし、説明にしたがってインストールしてください。

このページに関するお問い合わせ

福祉保健部 健康課 予防係
〒203-0033 東京都東久留米市滝山4-3-14
電話:042-477-0030 ファクス:042-477-0033
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

このページのトップへ戻る