エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 暮らしの情報 > 健康 > 予防接種 > B型肝炎


ここから本文です。

B型肝炎

ページ番号 1009161 更新日  平成29年7月1日

接種方法
個別接種
実施期間
通年
受けられる年齢

1歳に至るまで

受ける回数及び接種間隔
中27日以上の間隔で2回、更に、初回接種から中139日以上を経過した後に1回
(標準的には生後2カ月に達した時から生後9カ月に達するまでの期間)
既接種者の取り扱い
定期予防接種が開始するより前に、定期の予防接種の規定に相当する方法ですでに接種を受けた対象者については、定期接種に規定された接種を受けた者とみなされます。
母子感染予防の対象者の取り扱い
HBs抗原陽性の妊婦から生まれた乳児として、健康保険によりB型肝炎ワクチンの投与(抗HBs人免疫グロブリンを併用)の全部又は一部を受けた方については、定期の予防接種の対象者から除かれます。

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページで無償配布されていますので、こちらから(Adobe社のホームページを新しいウィンドウで開きます)ダウンロードし、説明にしたがってインストールしてください。

このページに関するお問い合わせ

福祉保健部 健康課 予防係
〒203-0033 東京都東久留米市滝山4-3-14
電話:042-477-0030 ファクス:042-477-0033
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

このページのトップへ戻る