エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 暮らしの情報 > 環境・ごみ > ごみと資源物 > ごみと資源物の出し方 > 資源集団回収報奨金について


ここから本文です。

資源集団回収報奨金について

ページ番号 1000834 更新日  平成28年12月15日

新聞・雑誌・段ボール・古布・アルミ缶などは、家庭から出されるごみの中で、資源として再利用できるものです。東久留米市では、市民の皆さんで組織する団体(自治会や子供会など)が、このような資源ごみを市が指定する再生資源取扱業者に引き渡した場合、その回収量に応じて報奨金を年2回交付する「資源回収報奨金制度」を設けています。

資源集団回収の始め方

家庭ごみには、再利用できる資源が含まれています。これをごみとして捨ててしまうことは、資源の無駄使いであり、環境面でも悪影響を及ぼすこととなります。

ごみをごみとして終わらせないためには、不用になったものや使い古したものを回収し、再び資源として利用することが大切です。「資源集団回収」とは、市民の皆さんが各家庭から排出される資源を持ち寄っていただき、資源回収業者に引き渡す「自主的なリサイクル活動」のことです。 東久留米市では、ごみの減量・資源化に市民の皆さんと一体となって取り組んでいくため、資源回収報奨金制度を設けています。

このたび、これから資源集団回収を始めようとする市民の皆さんへ、資源集団回収制度を知っていただくために、「資源集団回収マニュアル」を作成しました。

また、すでに集団回収を実施している団体向けに集団回収日の周知用チラシを作成しました。回覧板や掲示板に貼り出すなど、ご自由にお使いください。

資源回収報奨金交付申請について

平成29年2月1日から2月10日まで受け付けします

対象団体
市内在住の方で構成する自治会、子ども会、婦人会、PTAなど
報奨金交付額
回収実績量に応じて1キログラム当たり9円
申請対象となる期間
平成28年2月~29年1月に実施した分
申請受付日時
28年2月1日(水曜日)から2月10日(金曜日)の午前9時~11時30分と午後1時から4時30分。ただし、5日(日曜日)を除きます。
申請会場
市役所5階502会議室。2月4日(土曜日)のみ、ごみ対策課庁舎(八幡町2-10-10)
必要書類
  • 代表者の認め印(団体や来庁者の印鑑では受け付けできません。スタンプ式不可)
  • 回収業者からの資源回収実施報告書
  • 振込先の金融機関の通帳(ゆうちょ銀行の場合は店名の数字と7桁の口座番号が必要)
  • 団体を確認できる規約や名簿など
ご注意
  • 必ず代表者の印を持参してください。団体や申請に来る方の印鑑ではありません。
  • 申請書類に不備があると、受け付けできない場合があります。

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページで無償配布されていますので、こちらから(Adobe社のホームページを新しいウィンドウで開きます)ダウンロードし、説明にしたがってインストールしてください。

このページに関するお問い合わせ

環境安全部 ごみ対策課 管理係
〒203-0042 東京都東久留米市八幡町2-10-10
電話:042-473-2117 ファクス:042-477-6755
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

このページのトップへ戻る