エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 暮らしの情報 > 環境・ごみ > ごみと資源物 > ごみと資源物の出し方 > ごみと資源物の出し方


ここから本文です。

ごみと資源物の出し方

ページ番号 1000815 更新日  平成27年4月13日

「容器包装プラスチック」の分別収集と資源化処理を実施しています

「燃やせないごみ」の大半を占める「容器包装プラスチック」(プラスチック製の入れ物や包みなど)を、容器包装リサイクル法に基づいた分別収集を実施し、資源化処理を行います。詳しくは以下のページをご参照ください。

一般家庭のごみの分け方と出し方

現在市では、一般家庭から出されるごみを「燃やせるごみ」、「燃やせないごみ」、「リサイクル缶」、「リサイクルびん」、「古紙(新聞・雑紙・段ボール)」、「布類」、「容器包装プラスチック」、「ペットボトル」、「有害ごみ(蛍光管・乾電池・体温計など)」、「粗大ごみ」、「牛乳などの紙パック」、「剪定枝」、小型家電の13種類に分けています。

資源化・減量化を図り、安全で効率的なごみ処理ができるよう、正しい分別排出にご協力をお願いします。

生活ごみと資源物の出し方

生活ごみの出し方

資源物の出し方

在宅医療廃棄物の取り扱い

自宅で使用した注射針については、東京都薬剤師会による使用済み注射針回収事業が都内全域で展開されています。購入した薬局などで回収されます。

なお、薬液用袋・管などのプラスチック類、脱脂綿などの排出法については、ごみ対策課(電話:042-473-2117)へご相談ください。

家電リサイクル法対象品目の出し方

家電リサイクル法(特定家庭用機器再商品化法)は、家庭用電化製品4品目「エアコン、テレビ、(ブラウン管・液晶・プラズマ)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機」のリサイクルを推進することを定めた法律です(平成21年4月1日から「液晶またはプラズマの薄型テレビ、衣類乾燥機」が対象機器として、新たに追加されました)。

法律では、販売店が収集・運搬し、製造メーカーなどがリサイクルし、使用者(=消費者)がリサイクル料金を負担するという、役割分担が定められています。

家電リサイクル法の対象となるエアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機は、法律に基づきリサイクルルートが定められているため、市では収集も処理も行っていません。

処分する方法

  1. 買い替えの場合
    新たに同じ品目を買い替える場合:新たに購入する販売店に引き取ってもらうことができます。この場合にも、リサイクル料金などが必要となります。詳しくは販売店でお尋ねください。
  2. 廃棄する場合
    収集運搬業者に依頼する:この場合には、リサイクル料金と収集運搬料金が必要となります。詳しくは各業者にお尋ねください。

家電リサイクル法に該当する家電の回収業者一覧

有限会社 山下商事

  • 住所:東久留米市八幡町2-11-53
  • 電話:042-473-3761

大関商会

  • 住所:東久留米市下里5-13-20
  • 電話:042-474-5479

株式会社 東邦運輸

  • 住所:東久留米市幸町4-6-12
  • 電話:042-474-4111

大生運輸 株式会社

  • 住所:東久留米市八幡町3-10-8
  • 電話:042-471-1155

有限会社 常盤組

  • 住所:小平市天神町1-18
  • 電話:042-341-3524

有限会社 下田商会

  • 住所:西東京市西原4-5-75
  • 電話:042-461-0460

有限会社 エイエスケイ

  • 住所:東村山市萩山町2-16-26
  • 電話:042-396-3116

家庭系パソコンの回収リサイクル

ごみ情報誌「あくた・Less」(ごみ対策課発行)でご紹介する「家庭系パソコンの回収リサイクルのご案内」をご覧ください。

パソコンリサイクルについての各メーカー窓口など、最新情報は一般社団法人パソコン3R推進協会ホームページをご覧ください。

ごみのゆくえ

ごみは、東久留米・清瀬・西東京の3市で構成する柳泉園組合で焼却・破砕等の中間処理を行った後、西多摩郡日の出町の最終処分場に運ばれます。

平成18年から、それまでの埋め立て処分に代わり、エコセメントとして再商品化されるようになりました。エコセメント事業のスタートで最終処分場の延命に目途はたちましたが、無制限にごみを搬入できるわけではなく、各市にはこれまで通り厳しい制限が加えられています。また、ごみの搬入に際しては、検査により乾電池などの有害ごみの混入があった場合には、受け入れが拒否されるという厳しいものです。

有害ごみは地球環境を守るためにも、必ず分別して出してください。また、生ごみは、よく水を切るだけで大きな減量効果につながります。

3市で分別回収した資源物のほとんどは、柳泉園リサイクルセンターなどで選別・圧縮などを行った後、再生工場へ持ち込まれます。ごみの減量と再資源化のために、より一層のご協力をお願いします。

詳しくは柳泉園組合(電話:042-470-1555)へ、お問い合わせください。

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページで無償配布されていますので、こちらから(Adobe社のホームページを新しいウィンドウで開きます)ダウンロードし、説明にしたがってインストールしてください。

このページに関するお問い合わせ

環境安全部 ごみ対策課 管理係
〒203-0042 東京都東久留米市八幡町2-10-10
電話:042-473-2117 ファクス:042-477-6755
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

このページのトップへ戻る