エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 暮らしの情報 > 環境・ごみ > ごみと資源物 > ご注意!スプレー缶に穴を開けることで、事故が起きる危険があります


ここから本文です。

ご注意!スプレー缶に穴を開けることで、事故が起きる危険があります

ページ番号 1012594 更新日  平成30年12月19日

  • スプレー缶を出すときには、中身を使い切ってから出してください。
  • 穴を開けるのは、事故の原因となりますので、やめてください。
  • 使い切れない場合は、「中身あり」と袋に表示して出してください。

※スプレー缶は、「有害ごみ」の日に出してください。

有害ごみの出し方は、下記をご覧ください

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページで無償配布されていますので、こちらから(Adobe社のホームページを新しいウィンドウで開きます)ダウンロードし、説明にしたがってインストールしてください。

このページに関するお問い合わせ

環境安全部 ごみ対策課 管理係
〒203-0042 東京都東久留米市八幡町2-10-10
電話:042-473-2117 ファクス:042-477-6755
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

このページのトップへ戻る