エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 暮らしの情報 > 環境・ごみ > 公共下水道 > 下水道使用料賦課漏れへの対応について


ここから本文です。

下水道使用料賦課漏れへの対応について

ページ番号 1003539 更新日  平成27年3月21日

東久留米市では平成25年8月以降、600件に及ぶ下水道使用料の賦課漏れが判明いたしました。

このことを受け、下水道使用料賦課漏れの再発防止対策と東久留米市指定下水道工事店等の違反行為に対する対応を検討し、その結果を取りまとめました。

下水道使用料賦課漏れへの対応

実施可能なものから速やかに再発防止対策を講じるとともに、下水道使用料賦課漏れを繰り返さないよう市職員により構成される「東久留米市下水道使用料賦課漏れ再発防止対策会議」が設置されました。

本対策会議では、下水道使用料の賦課漏れが発生した原因を分析するとともに、その調査結果をもとに再発防止対策の検討を行い、報告書として取りまとめました。

これら対策については、早急な対応が必要なためすでに実施をしております。

東久留米市指定下水道工事店の違反行為に対する対応

東久留米市では、東久留米市指定下水道工事店及び排水設備工事責任技術者に関する処分の公正を期するため、「東久留米市指定下水道工事店審査委員会」が設置されています。本審査委員会では、600件に及ぶ下水道使用料の賦課漏れの原因のうち590件が東久留米市下水道条例に定める事項の違反行為であったこと受け、違反行為に対し厳正に対処することを明らかにするとともに、一定の基準を設けることにより公平性を保つため処分の基準や処分適用の手順を検討し、報告書として取りまとめました。

これら処分の基準や処分適用の手順は、今後東久留米市指定下水道工事店規則を改正するとともに、新たに処分の基準等に関する要綱を制定し、周知期間を経て平成27年4月の施行を予定しております。

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページで無償配布されていますので、こちらから(Adobe社のホームページを新しいウィンドウで開きます)ダウンロードし、説明にしたがってインストールしてください。

このページに関するお問い合わせ

都市建設部 施設建設課 下水道計画担当
〒203-8555 東京都東久留米市本町3-3-1
電話:042-470-7758 ファクス:042-470-7809
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

このページのトップへ戻る