エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 暮らしの情報 > 環境・ごみ > 公共下水道 > 下水道条例で規定する手数料に対する課税誤りに係る消費税相当額の還付について


ここから本文です。

下水道条例で規定する手数料に対する課税誤りに係る消費税相当額の還付について

ページ番号 1003538 更新日  平成29年4月3日

東久留米市下水道条例で規定する手数料に対する課税誤りに係る消費税相当額の還付のお知らせにつきましては、各手続きの申請をいただいた情報を基に平成26年12月上旬に個別発送をさせていただきました。

発送させていただいたものの中に宛先不明で返送されてしまったもの、また住所・名義等が一部不鮮明なため、発送ができなかったものもございます。

下記手数料に係る領収書をお持ちで、通知が届いていない方につきましては対応をさせていただきたいので下記お問い合わせ先までお知らせください。

対象となる手数料

1. 指定下水道工事店の指定の申請手数料

  • 誤:10,500円
  • 正:10,000円

2.指定下水道工事店の指定の有効期限の更新申請手数料

  • 誤:5,250円
  • 正:5,000円

3.責任技術者の登録の申請手数料

  • 誤:3,150円
  • 正:3,000円

4.責任技術者の登録の更新申請手数料

  • 誤:3,150円
  • 正:3,000円

5.下水道台帳の複写手数料(管渠図面印刷手数料)

  • 誤:105円
  • 正:100円

対象となる領収書

平成24年4月1日から平成26年3月30日までの領収書

還付の方法

口座振込による還付

このページに関するお問い合わせ

都市建設部 施設建設課 下水道計画担当
〒203-8555 東京都東久留米市本町3-3-1
電話:042-470-7758 ファクス:042-470-7809
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

このページのトップへ戻る