エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > よくあるご質問 > 届出・税・保険・年金 > 市税 > 固定資産税 > 固定資産の相続が発生したときは、どうすればよいのですか。


ここから本文です。

固定資産税 よくある質問

ページ番号 1002561 更新日  平成27年4月3日

質問固定資産の相続が発生したときは、どうすればよいのですか。

回答

土地・家屋の所有者として固定資産課税台帳に登録されている方がお亡くなりになった場合は、相続の登記(未登記家屋にあっては家屋補充課税台帳名義変更申請書の提出)をするまでの間、「相続人代表者届」の提出が必要となります。この届出は固定資産税・都市計画税の納税通知書の受取人を決めていただくものです。
詳細については、以下のリンク先「納税義務者」をご覧ください。
お問い合わせは、課税課土地資産税係または家屋資産税係へ。

相続税については、東村山税務署(以下のリンク先「東村山税務署(国税庁)」または電話:042-394-6811)にお尋ねください。

相続の登記については、東京法務局田無出張所(以下のリンク先「東京法務局」または電話:042-461-1130)にお尋ねください。

相続等のご相談は、以下のリンク先「各種相談窓口」をご覧ください。
お問い合わせは、生活文化課(電話:042-470-7777代表)へ。

このページに関するお問い合わせ

市民部 課税課 土地資産税係
〒203-8555 東京都東久留米市本町3-3-1
電話:042-470-7726 ファクス:042-470-7806
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。

市民部 課税課 家屋資産税係
〒203-8555 東京都東久留米市本町3-3-1
電話:042-470-7727 ファクス:042-470-7806
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

このページのトップへ戻る