エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > よくあるご質問 > 届出・税・保険・年金 > 市税 > 個人住民税 > 本人が死亡した場合の税金は。


ここから本文です。

個人住民税 よくある質問

ページ番号 1002522 更新日  平成27年3月21日

質問本人が死亡した場合の税金は。

回答

質問詳細

私の夫は平成26年2月に亡くなりました。平成25年中に夫が得た収入に対しても住民税は課税されるのでしょうか。また、妻の私に納税義務はあるのでしょうか。

回答

住民税は、1月1日を基準として課税されます。1月2日以降に亡くなられた場合は納税義務があり、資産を相続した方が「納税承継人」として納税の義務を負うことになります。ただし、相続の権利を放棄した場合の納税義務はありません。また、限定承認をした場合は、相続財産の範囲に納税義務が限られるなど取扱が異なりますのでご相談ください。

このページに関するお問い合わせ

市民部 課税課 市民税係
〒203-8555 東京都東久留米市本町3-3-1
電話:042-470-7777 普通徴収担当(内線2333~2335)、特別徴収担当(内線2336、2337)、軽自動車税担当(内線2331、2332) ファクス:042-470-7806
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

このページのトップへ戻る